低糖質×低カロリーダイエット

物知りフクロウ『ソロモン』が教える「ガマンしない食べる」ダイエット

ソイドル 糖質制限

ソイドルの味はまずい?色々調理してレビューします!

2018/07/09

トマトパスタ

ラーメンに焼きそば・パスタなど、ダイエット・糖質制限中でも麺が食べたくなるものです。

こんにゃくを使った麺もありますが、こんにゃくは独特のクセがありますので個人的に苦手ですし、代替に出来るかと言えば難しいのではないでしょうか。

そんなときに見つけたのが、大豆で作った麺「ソイドル」です。

ソイドル公式サイト:大豆100%麺ソイドル

ソイドルは1食あたりのカロリーが89kcalで、糖質はわずか0.9gと、ほとんど糖質がなく低カロリーな麺です。

まさにダイエット麺そのものです。

元々は体重維持のための購入でしたが、味は美味しいか?それともまずいのか?
食べた料理のレポートと、糖質・カロリーをアップしていきます。

さらに折角なので、糖質制限ダイエットにもチャレンジします。

チャレンジは別記事でアップしていますので、興味がある方はご覧下さい。

糖質制限ダイエットは本当に痩せる?実際にチャレンジ!

到着

ではまず届いた箱の開封から。

到着した箱

勢いあまって一度開封してしまいましたが、こんな感じで届きます。

届くのは早く、土曜日に注文して、札幌まで中4日で届きました。

中身はこうなってます。

ソイドルと大豆パンミックス粉

初めての購入ですが、お試しではなく、ソイドル14食分と「大豆パンミックス粉」も同時に注文しました。

大豆パンミックス粉

なぜお試しにしなかったかと言うと、大豆パンミックス粉も欲しかったので、同時注文ならお試しより割安になるからです。

お試しは7食で1950円ですが、14食なら3392円になるのでお得です。(ミックス粉と同時注文なら14食でも送料無料です。)

このセットなら、麺類とパン・お好み焼きやピザも作れますので、一気に糖質制限出来ますし、ストレスも少なくできると思うので、お勧めです。

糖質制限ダイエットでは主食の炭水化物を抜いていきますので、肉や魚や野菜の食べる量がふえます。

その分食費が掛かってしまうので、このようにお得に買うとそれほど高くつくことはないと思います。

今回はソイドル目当てで、ついで買いのような形で大豆パンミックス粉を買いましたが、このミックス粉は想像以上に美味しかったです。

別記事にアップしていますので、興味がある方はご覧ください。

参考:低糖質「大豆パンミックス粉」レビュー

ちなみにソイドルは冷凍保存ですが、それほど冷凍庫を占領しませんでした。(事前に減らしておきさえすれば)

冷蔵庫に収納されたソイドル

一人暮らし用の小さな冷蔵庫の冷凍室です。(冷凍室は42リッター)

袋からバラせば小さな冷凍室でも1/4くらいで収まると思います。

冷凍を気にして購入を躊躇している方もいると思いますが、14食までなら大丈夫だと思います。

調理開始

それでは早速調理してみたいとおもいます。

今日は始めて食べるので、オーソドックスな蕎麦として食べてみます。

調理といっても、3分茹でるだけです。

冷凍状態のソイドル

冷凍状態から、そのまま沸騰したお湯で茹でます。

冷凍のソイドルを茹でる

茹でたソイドル

茹で上がりました。

かさまし目的で、少しだけ麺状のキクラゲと長ネギも一緒に茹でました。

黒っぽいのがキクラゲですが、キクラゲは歯ごたえあって噛む回数が増えますし、糖質・カロリーともに微量なのでお勧めです。

折角なので天ぷらもトッピングして、本日の夕食は蕎麦・天ぷら・大根サラダとなりました。

蕎麦風ソイドルと海老天

大豆ミックス粉で揚げた海老天

この天ぷらは「大豆パンミックス粉」を衣にした天ぷらで、この量で全部で3g以下の糖質量です。

しかも揚げていない天ぷらです。

ではとりあえずソイドルを食べてみます。

麺つゆとソイドル

うん美味いです。

めんつゆのせいでしょうか、思いっきり蕎麦の味です。

麺じたいの歯ごたえはやわらかい感じですが、こんにゃくなどの麺とは違い、麺じたいに食べた満足感があります。

やや軽い感じですが、ちょうどカップヌードルナイスの麺くらい、もしくは冷麦といったところです。

癖はまったくないので、パスタなど色々な味付けが出来そうです。

あえていうと、ラーメンにするとどうなるのかが気になるところです。(ラーメンは本記事中盤で実食しています)

麺の味・満足感を総括すると、「軽めの麺で炭水化物を食べているように感じる」といったところで、十分麺の代替えになるとおもいます。

あと気になっていたのが「麺の量が少ないのではないか?」という部分です。

結果からいうと、十分な一人前の量でした。

茹でる前は110gですが、恐らく200gくらいに増えているとおもいます。

天ぷらなどのトッピングや、具材をいれたパスタなら普通の一人前の量になります。

ちなみに今回の天ぷらも含めた糖質の総量は、約8gでカロリーは約300kcalです。(ソイドル・魚介・大豆ミックスはどれも低糖質で、めんつゆが一番糖質が多くなります。)

とりあえずのところ、かなりの満足で、主食を抜かずに(ソイドルで)糖質制限が出来そうです。

あとは今後、パスタなどでどんな感じになるかです。

では近日中に別のメニューを試してみたいとおもいます。

カレーうどん

今回はソイドルをカレーで食べてみたいと思います。

カレーうどんかカレー蕎麦という感じです。

カレーはレトルトのマイサイズです。

ソイドルとレトルトカレー

このカレーの味は覚えていないので、カレー自体が美味しいか分かりません。

カロリーは98kcalで、糖質は10.3gです。

カレーやハヤシライスはルーが小麦粉ですし、ご飯などが必要なため糖質制限では食べることが難しいメニューの一つです。

でもソイドルなら糖質が1g以下なので、OKです。

では茹でて食べてみます。

カレーとソイドル完成

付け麺的なカレーうどんの盛り方になってしまいました。(奥はキャベツとわかめのサラダです。)

ちょっと寂しいので温泉卵も後でトッピングしています。

カレーうどんは絶対美味しいハズ、と思って食べましたが、カレー自体がイマイチでした。

マイサイズのバターチキンカレーはお勧めしません。

カロリーは100kcalと低いですが、量が120gと少ないです。

普通のレトルトカレーは180g位の量で200kcalを切るものもあるので、そこまで低カロリーという訳ではないと思います。

ソイドルを使えば、カロリーも糖質も下がるので、無理してカレーのカロリーや糖質を下げる必要はなかったと思います。

機会があれば別のカレーで試したいと思います。

とりあえず、今回の食事の糖質は全部で約16g、カロリーは300kcalほどです。(温泉卵含む)

ソイドルは細麺なので、ルーにはよく絡みます。

パスタのように煮込まなくても、麺つゆなどでも美味しく食べられます。

今回はルーが失敗だったので、前回の麺つゆで蕎麦の方が美味しい感じです、残念。

次回は肉を使った料理にチャレンジしようと思います。

肉巻き

では、予告通りに肉料理を作ろうと思います。

使う肉は、奮発して牛肉です。

牛肉

モモ肉ですがいい感じに脂がのっています。

肉なのでやっぱりご飯が食べたいということもあり、ソイドルを強引にご飯に見立てて、肉巻きを作ります。

ソイドルを牛肉で巻く

茹でたソイドルに少しだけ焼肉のタレを絡めて下味をつけ、肉の上にのせ巻いていきます。

完全に創作料理です。

ここから焼いていきます。

ソイドルの肉巻き完成

完成です。

レタスもあったので巻いてみました。

肉巻きセット

ソイドルを肉で巻いてしまったので、単品料理になってしまいました。

なので、タレを2種類用意しました。

ソイドルの肉まきを食べる

こちらは醤油にお酢を少しと、甘みにエリスリトールを入れ、後は粉末のニンニクと七味です。

肉よりソイドルの方が多いので、いかにも肉料理ではなく、脂とのバランスが良いです。

それでも肉のパンチが強く、多すぎるかと思ったレタスも丁度良い感じです。

マヨネーズタレにつける

こちらはマヨネーズに少し醤油をいれたタレです。

悪くはないですが、最初の方が相性が良いです。

単品料理になってしまったので、量が足りないかと思いましたが、レタスのおかげで十分足りました。

今回は50gの肉を2枚使いましたが、肉好きの方なら、3枚で巻くと肉感があって良いと思います。(肉の脂に躊躇して2枚にしましたが・・)

気になる糖質量ですが、肉とソイドルで約2g、後は下味の焼肉のタレとレタスの分ですので、合計でも5g以下になっていると思います。

かなり糖質は低くなりました。

カロリーは肉の分が難しいですが、トータルで360kcalほどになると思います。

肉のパンチが効いて美味しかったですが、ソイドルが脇役になってしまいました。

次回はもうちょっと麺の評価がやり易いメニュー、パスタやラーメンなどを作れたらと思います。

ラーメンと唐揚げ

今日は王道のラーメンとミックス粉を使った唐揚げです。

ラーメンと唐揚げのとり合せは微妙ですが、食材の都合上そうなりました。

ラーメンは余っていたスープを使います。(スープのカロリーも気になるのでいつも半分で作り余ってしまうので)

マーボーかきたまラーメン

マーボーかきたまラーメンという少し変化球です。

これは麺を茹でるだけなのですぐ完成です。

ソイドルラーメン

ラーメンソイドルを食べる

かきたまなので、卵も混ざって美味しいです。

ソイドルラーメンと揚げない唐揚げ

唐揚げとセットでガッツリ系、ダイエットとは思えないメニューですが、全部で糖質が10gカロリーは400kcalです。

ちなみに唐揚げは天ぷらと同じく大豆パンミックス粉を使って、揚げずに焼いています。

なので糖質もほとんどなく、カロリーも低くなっています。

それでもニンニクが効いた鶏肉のかたまりなので、パンチは結構あります。

ラーメンとソイドル、そして唐揚げと相性もよく、かなり満足しました。

量も十分あり、少し残した感じです。

なので実際に食べたカロリーと糖質はもう少し低くなります。

ラーメンや唐揚げは好きな方が多いと思います。

でもダイエット中は食べたくても我慢することが多いのではないでしょうか。

ラーメンは麺がメインになりますので糖質量が多く、油も多く使っています。

唐揚げも衣が糖質で油も多くなりますので、どちらもダイエット中は控えるのが無難です。

こういった時にソイドルを使えば、糖質制限はもちろん、カロリーも低いので気にせず食べられ嬉しいところです。

味に癖はありませんので、パスタや焼きソバなど色々活用できると思います。

味が気になっている方も、7食セットなら返品が出来ますので安心です。

ソイドル

公式サイト:大豆100%麺ソイドル

お好み焼き

今回はソイドルでお好み焼き(風)を作ってみようと思います。

お好み焼きはミックス粉で作れるのですが、公式サイトに載っているハワイアンフレンチソイドルというのをみて、お好み焼き風なものが作れそうだと思いチャレンジしてみます。

ではまずソイドルを茹でてしっかり水を切ります。

お好み焼き作り

ちなみに水切りがあまかったせいで、完成後は少し水っぽくなってしまいました。

ソイドルに麺つゆで軽く下味をつけ、卵と混ぜていきます。

そしてフライパンで焼いていきます。

ソイドルでお好み焼きを焼く

ソイドルと卵をあわせたものの上にキャベツと肉を乗せます。

普通は豚肉を使いますが、余っていた牛肉を使いました。

裏返して両面焼けば完成です。

ソイドルでお好み焼き

肉はトッピングになってしまいましたが、いい感じになりました。(青海苔を忘れてしまいました。)

お好み焼きのソースは糖質が多いので、チヂミ風のタレも作ってみました。

タレは、醤油・ニンニク・お酢・七味・エリスリトールが入っています。

お好み焼き試食

まずはお好み焼きのソースで食べてみます。

ソースのおかげでお好み焼き風で美味しいです。

ただ少し水っぽいのが残念です。

以前作った肉巻きのときも思ったのですが、ソイドルは茹でた後少し水がでるようです。

なので、蕎麦やラーメンなどでは気にならないのですが、肉巻きや今回のお好み焼きのような料理だと、水っぽくなります。

このあたりは注意が必要のようです。

料理によっては一度キッチンペーパーで水切りをする位で良いかもしれません。

それでも、卵をまとったソイドルは美味しいです。

ソイドルお好み焼きは結構お勧めです。

ソイドルの水切りをしっかりやって、下味をしっかりつけておけば美味しくできると思います。

卵との相性も良いので、ソイドルオムライスも美味しいと思います。

量も結構多く、お腹一杯になりました。

それでも、ソイドル・卵・牛肉とメインのものは全て糖質が1g以下です。

糖質らしいものは、お好み焼きのソースと、下味の麺つゆ、キャベツくらいです。

なので糖質は5gもあるかどうか、カロリーは牛肉の分が難しいですが、350kcal以下になると思います。

ソイドルは糖質が1g以下でカロリーも89kcalと低いですが、茹でたあとの量が200g近くあります。

今回の様に、ちょっとしたものを作っただけでも、結構な量になるのが良いところです。

多分オムライスは美味しいと思うので、近々作ってみたいと思います。

そば飯風

焼きそばを作ろうと思いつつ、「そば飯風なものもいいかも」と思いたち作ってみました。

そば飯は、焼きそばにご飯が入ったちょっと変わったメニューですね。

今回はご飯は入れず、ソイドルだけで作りましたが、ご飯をほどほどの量入れても、ゆるい糖質制限はできます。

ご飯が食べたいときには、ソイドルで「かさ増し」すれば、ある程度満足できると思います。

では早速作ってみます。

レシピは調べず思いつきだったので、チャーハンの元を使いました。

チャーハンの元

これで作ってみます。

そばめし作り

ソイドルを茹でた後、チャーハンの元を入れ。水気を飛ばしながら焼いていきます。

そしてキャベツを入れて完成です。

ソイドルそばめしと低糖質エビフライ

エビフライをトッピングしました。

取り合わせが微妙ですが、フライの衣をミックス粉を使って低糖質にしています。

このエビフライの糖質量は2.4gでカロリーは216kcalです。

大豆パンミックス粉で作ったパンで、パン粉を作りフライにしています。

食べた感想ですが、美味しいですが、そば飯とは違ってチャーハンでした。

考えたら、焼きそば系なので甘みが足りない感じです。

でもフライは低糖質でも美味しく、同時に食べるとグットです。

今回のそば飯は、フライを抜かすと、ソイドルとチャーハンの元、キャベツだけなので、カロリーで100kcal強、糖質も5gほどになります。

フライと合計しても、糖質は7.4g、カロリーは320kcalほどです。

ここまでいくつかソイドルを使って料理してきました。

蕎麦やラーメンは美味しかったですが、カレーやそば飯は正直イマイチでした。(カレーはルーのせいで、そば飯はチャーハンの元を使ったのが原因で調理の失敗ですが・・・)

創作料理になるとソイドルのレビューが難しくなると思いますので(料理自体に失敗する可能性がある)、得意なパスタを2種類つくってみます。

作るのはトマトパスタとカルボナーラです。

ではまずトマトパスタからです。

トマトパスタ作り1

ベーコンとニンニクをオリーブオイルで炒めます。

とまと投入

トマトの水煮缶と鷹のつめを入れて、トマトが崩れるまで煮込みます。

トマトを煮込む

塩コショウで味を整え、ソイドルを入れ少し煮込んで完成です。

ソイドルトマトパスタ完成

完成しました。

ただ、煮込みが少なく味が薄くなってしまいました。

このトマトパスタは失敗メニューです。

これでハッキリと分かったのですが、ソイドルは茹でた後水分がでます。

その部分はやや欠点です。

次はカルボナーラを作りますが、牛乳を使わず生クリームで作ります。

水分対策ですが、結論からいうと絶品のカルボナーラができました。

カルボナーラがとっても美味しい

パスタで一番得意なのが、カルボナーラです。

牛乳ではなく生クリームを使う場合は、茹で汁を少しいれますので、ソイドルから多少水分が出ても大丈夫だと思って作りました。

低糖質で美味しいカルボナーラ

結果はこの通り、上手に出来ました!

見栄えもバッチリです。

とても美味しくできましたので、レシピを別記事でアップしました。

こってり濃厚で絶品のカルボナーラです。

カルボナーラは元々糖質が少ない料理なので(逆に脂質が多い)、糖質制限にはピッタリです。

これで糖質が6g、カロリーは412kcalです。

とってもお勧めなので、気になる方はレシピを見てみてください。

低糖質で激うまカルボナーラの作り方

レヴューまとめ

買い物袋をまとめてもつ

またソイドルで何か作ったら追加でアップしていこうと思いますが、一旦ソイドルのレビューをまとめてみたいと思います。

ここまでいくつかソイドルで料理をしてきましたが、たまにあまり美味しく無いときも正直ありました。

料理なので作り方を失敗してしまえば美味しくないのは当たり前ですが、相性のようなものもあると思います。

はっきりと分析はできませんが、カルボナーラはとても美味しかったので、パスタとの相性はとても良いと思います。

他は麺にしっかりと味がつく、焼きそばのようなものや、シンプルなざる蕎麦も意外にお勧めです。

ざる蕎麦で美味しかったので、つけ麺や油そばなども美味しそうです。

ここでシンプルにソイドルの良い点・悪い点を上げてみようと思います。

△あまり良くないところ

  • 茹でた後に水分が出てしまうので、蕎麦やつけ麺などは良いが、料理次第では薄くなることがある。
  • 紀文の麺などに比べるとやや高価
  • 冷凍で保存しなければならない

〇良いところ

  • こんにゃく麺のように癖がない
  • 紀文の麺は柔らかすぎて料理しにくいが、ソイドルは多少コシがあるので料理がしやすい
  • 蕎麦・ラーメン・パスタなど麺類全般に使える。
  • 量も多く、料理さえしっかり出来れば十分麺類の代替えになる。

肝心の糖質制限ダイエットに効果的か?

糖質制限ダイエットでは炭水化物である麺は、少量しか食べることができません。

糖質制限では一回の食事での糖質量は40gがリミットです。(よりダイエット効果を早めるなら20g以下)

麺類は一人前、乾麺100gでおおよそ70~80gの糖質が含まれます。

これは麺のみの糖質量になりますので、実質リミットぎりぎりでも半分以下の量しか食べられません。

ソイドルなら一食分の糖質量が0.9gとほとんど糖質を含みませんので、ダイエット中の麺の代わりに最適です。

こんにゃく系の麺もありますが、こんにゃく臭さが個人的に受け付けないので、主食の代替えには難しいところです。

唯一紀文の麺はだけは美味しいと思いますが、正直ものたりないので主食の代わりにしたことはほとんどありません。

ただ、とんかつなど高カロリーなものを食べたいだけ、主食を抜いて紀文の麺を一緒に食べることがあります。

そういった感じなので、あえて比較出来るのは紀文の麺だけになると思います。

仮に何も味をつけずそのまま食べた場合は、紀文の麺の方が若干美味しいかもしれませんが、食べ応えはソイドルが勝る、といった感じです。

ですので上手く調理出来れば、美味しく食べ応えがある食事が出来るとおもいます。

また、ソイドルで何か作ると、量が結構多くなります。

ソイドル自体が低糖質・低カロリーなので、結果的に糖質だけでなくカロリーも低くなる感じです。

なので糖質制限だけでなく、普通のダイエットでも心強い味方になると思います。

後はソイドルでなにか作れば、肉や魚を買う頻度も少なくなります。

肉や魚も安くはありませんので、糖質制限中でも結果的に高くつくことは無いと思います。

そういった部分もありますので、気になる方は一度お試ししてみるもの良のではないでしょうか。

ちなみに、お口に合わない場合は返金もしてくれますので安心です。

ソイドル

公式サイト:大豆100%麺ソイドル

こちらの関連記事もお勧めです。

関連記事
低糖質パスタ麺・ダイエット麺を徹底比較!
ソイドルで糖質制限ダイエットにチャレンジした結果と感想
ソイドルで作る低糖質絶品カルボナーラ

-ソイドル, 糖質制限
-


低糖質でダイエットにピッタリな麺を徹底比較!
糖質オフパスタ麺おすすめ

低糖質パスタ麺の売れ筋商品は?

ソイドルなど5社の大豆麺や低糖質パスタ麺を徹底比較。

低糖質・低カロリーでパスタはもちろんラーメン焼きそばにもピッタリなダイエット麺をご紹介。


お勧め記事一覧

ケーキ 1
ダイエット中のお菓子・甘いものはいつ食べる?おすすめ10の方法!

男女とわずですが、特に女性は甘いものが好きな方が多いでしょう。 ダイエット中は主 ...

疑問 2
ソイドルの効果 実際に糖質制限ダイエットにチャレンジした結果と感想!

ブームが落ち着いた感がありますが、むしろダイエットの本命になりつつあるように感じ ...

カツカレー 3
糖質制限ダイエットの基本ルール 注意は隠れ糖質!

ダイエットといえば食事のカロリーを低くする「カロリー制限」が主流でしたが、これか ...

パン 4
炭水化物のカロリーと糖質量 ご飯や麺類パン低糖質でダイエット向きなのは?

糖質制限ダイエットはもちろん、カロリー制限でもなるべく控えたいのが、ご飯などの炭 ...

歯車 5
脂や油(脂質)が太る理由とは?

ダイエットといえばカロリー制限ですが、その際真っ先にやるべきことはカロリーの高い ...