低糖質×低カロリーダイエット

物知りフクロウ『ソロモン』が教える「ガマンしない食べる」ダイエット

ソイドル 痩せる食べかた 糖質制限

ソイドルの効果 実際に糖質制限ダイエットにチャレンジした結果と感想!

2018/07/09

疑問

ブームが落ち着いた感がありますが、むしろダイエットの本命になりつつあるように感じるが、糖質制限ダイエットです。

人気の理由は、効果が高いということもありますが、なによりカロリーを気にしなくて良い点ではないでしょうか。

これまでのダイエット法では、カロリーを制限するのが主でしたので、結果食べる量を減らすことが多くなります。
(ただカロリー制限でも、脂質さえ減らせばそれなりの量は食べることが出来ます。参考:カロリーを制限してダイエットする方法

糖質制限ならカロリー計算もいりませんし、食べる量の制限も基本的にありません。

ある意味夢のようなダイエット方法です。

ということで主にマルサンアイの「ソイドル」などを利用して、その効果などを確かめてみたいと思います。

公式サイト:マルサンアイ「ソイドル」

ソイドル

現在のスペック

体組成計

ではチャレンジ開始時点での、私自信の状態を説明します。

実は既にダイエットに成功し、長年キープし続けています。

ちなみにそのダイエット方法はカロリー制限で、現在もカロリー計算はしています。

その状態から糖質制限して、さらにダイエット出来るのかを確かめます。

では現在の状態です。

身長は163cmで、体重は42.5㎏程、体脂肪は測るときに若干前後してしまいますが、6%後半から7%くらいです。

体重糖質制限前

体脂肪糖質制限前

既に十分痩せていますが、ボディービルダーの方などはもっと体脂肪が低くなりますので、まだ余地は少しあると思います。

42.5㎏で7%であれば、約3㎏の脂肪です。

減らせる脂肪があまりありませんので、1~1.5㎏の間で減らし、体脂肪も2%程度減らすのが今回の目標です。

つまり、体重を41.5~41㎏くらい、体脂肪は5%を切るくらいを目指します。

数字としては少ないダイエットのように感じるかもしれませんが、ボディービルダーでも体脂肪7%からさらに落としていくのは難しくなります。

約3キロしかない脂肪をさらに半分にするのはなかなか厳しいと思います。

なので、達成できれば「糖質制限は十分に効果がある」と言えるでしょう。

期間など

時計

期間は1ヶ月の予定で、ある程度検証ができれば、それより早く打ち切るかもしれません。

また、既に痩せている状態なので、糖質制限してもこれ以上減らない=現状維持という可能性もあります。

もしくは、現在もカロリーは適正に調整していすので、逆に太る可能性も考えられます。
(一日に摂るカロリーが決まっていれば、そのカロリーで済むように体が調整される。糖質制限によってカロリーが多くなればエネルギーがあまり太ることも考えられる)

仮に現状維持であれば、カロリーや食べる量をあまり気にしなくて良くなりますので、個人的には嬉しいところです。

どのようにやるのか

クエスチョン・アンサー

糖質制限は提唱者によって若干違いがあって、完全に決まったやり方はありません。

よく言われるのは、一日の糖質量が130gで、一回の食事では40g以下、というものです。

また、3食とも糖質制限したり、1食や2食で制限したりです。

一番太りやすく注意しなければならないのが夕食なので、夕食の糖質カットが最優先になります。

ですので、今回は朝と昼はカロリーを制限して、夕食の糖質を10g前後と可能な限り減らしていきます。(野菜などにも糖質は含まれますのでゼロというのは現実的でないため。)

朝と昼の糖質をカットしないのは、もともと炭水化物が好きで、仮に今回のチャレンジが成功しても、今後続けれられないからです。

継続できない方法に意味はありませんし、夕食が一番ダイエットを左右します。

恐らく夕食だけでも、十分検証出来ると思います。

ですので朝食と昼食では糖質を気にせず、500kcalカロリー程度に抑える形です。

食事内容は?

トマトパスタ

食事内容は数日おきに、レシピとともに掲載予定です。

ただ、始める前に食事内容をある程度考えておきます。

今回は夕飯だけ10g前後になりますので、ご飯などの主食は抜きです。

問題は抜いた主食の変わりをどうするかです。

考えられる方法は2つで、一つは肉や魚などの主菜をもう一品増やす方法です。

ご飯+主菜(例:豚肉の生姜焼き)+副菜(例:ホウレン草の胡麻和え)

これを、

主菜(例:豚肉の生姜焼き)+主菜(例:マグロのカルパッチョ)+副菜(例:ホウレン草の胡麻和え)

の様にするやり方

もう一つの方法は、主食の変わりになるものを用意するパターンです。

例えば、カリフラワーや豆腐などをご飯の変わりにします。

一般的にはこの二つの方法が主流です。

糖質制限のデメリット

お肉や魚などの主菜を2品にするやり方は、豪華ですが、食費も高くつきます。

糖質制限のデメリットの一つが、この食費・お金が掛かるということです。

ダイエットのためにスムージーや運動器具など、特別なにかを用意するわけではないのですが、食費でお金が掛かります。

そしてもう一つのデメリットは、主食である炭水化物が食べられないことです。

秘密兵器

鎖

糖質制限の一番とも言えるデメリットは、主食が食べられない(もしくは少量)です。

炭水化物好きには、なかなかにキツイ状態です。

これが挫折する大きな理由の一つではないでしょうか?

そこで大豆麺ソイドルの出番なのですが、今回はもう一つ秘密兵器として、同じく大豆から作られた粉「大豆ミックス粉」を用意しました。

ソイドル

大豆パンミックス粉

ソイドルは糖質が1食0.8gで、大豆ミックス粉で作ったパンは6枚切り1枚で糖質3.3gです。

これで、パスタや焼きそばをつくったり、お好み焼きやピザを焼きます。

正直なところ、ソイドルとミックス粉を発見して、どうしても食べてみたくなりました。

そして両方注文したのですが「折角だから糖質制限もしてみよう」というのが今回チャレンジです。

ソイドルもミックス粉も、糖質制限専用という訳でなく、普通のダイエットにも使えるものです。

ソイドルのカロリーは1食で89kcalですし、ミックス粉はカロリーは普通ですが、タンパク質が非常に多く、ダイエット向きです。

ソイドル発見⇒糖質制限にチャレンジ、という順番ですが、おかげで結果を出しやすくなると思います。

とりあえずこの二つを上手に使って、チャレンジしていきます。

それではソイドルとミックス粉が届き次第スタートします。

公式サイト:大豆100%麺ソイドル

公式サイト:大豆パンミックス粉

ソイドルと大豆ミックス粉到着

届きました。

到着した箱

ソイドルと大豆パンミックス粉

ソイドルはお試し7食で1950円(初回送料無料)ですが、始めてにも関わらず14食買いました。

14食だと送料無料にならないのですが、ミックス粉と合わせると送料が無料になり、14食で3392円になりますのでお得です。

夜だけの糖質制限なら、この2つで丁度一ヶ月ほどもちますので、気になる方は私のように一ヶ月チャレンジもできます。

最初はピザから

では糖質制限スタートですが、早く食べてみたいので、初日はお昼も糖質制限します。

お昼のメニューはピザが食べたくなったので、「大豆パンミックス粉」を使ってピザを作りました。

考えてみると、小麦粉の代用品になりますので、ミックス粉は思った以上に使えるかもしれません。

ホットケーキを焼いたり、白玉を作ったり、そしてなんとかして白米の変わりに出来ないかとも思っています。

初日

では作ったピザがこちらです。

低糖質ピザ

冷蔵庫に余ったものだけで作りましたが、なかなか上手に出来たと思います。

ピザを作った様子や、大豆パンミックス粉の食べた感想などはこちらにアップしています。

低糖質「大豆パンミック粉」を実際に食べてみました!

今回は初回でしたので、やや小さめのピザですが、生地1枚で糖質が約5gカロリーは210kca、トッピングもあわせると糖質約10g、カロリーは約381kcalです。

カロリーはそこそこですが、糖質は10gと少ないですが、とても美味しく出来ました。

問題のミックス粉ですが、物凄く小麦粉に近く、味はむしろ小麦粉より濃厚で美味しいかもしれません。

お世辞抜きに小麦粉より上だと感じましたし、食べている感覚は炭水化物そのものです。

正直驚きましたが、一度粉状にしてしまえば、原料はあまり関係ないのかもしれません。

とりあえず、大豆ミックス粉のレヴューは別記事を見て頂くとして、初日のお昼はこれで終わります。

夜は蕎麦と天ぷら

それでは夜ですが、「ソイドル」に天ぷらをトッピングして、蕎麦として食べます。

茹でたソイドル

かさまし目的で、少しですが麺タイプのキクラゲと長ねぎも入っています。

茹でるまえは110gですが、茹でた後は200gくらいになっていると思います。

量は十分に一人前あり、少なくはありません。

蕎麦風ソイドルと海老天

天ぷらと大根サラダを加えると、十分な量です。

この量で糖質は約8g、カロリーは約300kcalになります。

糖質はもちろんですが、ソイドルのおかげでカロリーもかなり低くなりました。

大豆ミックス粉で揚げた海老天

ちなみにこの天ぷらの衣はミックス粉を使い、油で揚げずに焼いています。(揚げていないので味は犠牲になりましたが・・)

天ぷらの詳細はこちらのミックス粉レヴューページにアップしています。

ソイドルを食べた感想ですが、丁度カップヌードルライトの麺のような感じです。

コシはあまりないですが、食べている感覚は麺つゆのおかげか、蕎麦そのものです。

そしてこちらも、ちゃんと炭水化物を食べている感覚です。

ソイドルの実食レヴューはこちら

かなり期待して購入した、ミックス粉もソイドルも期待以上だったと思います。

これで糖質制限もやり易くなりました。

値段は高くない?

先ほどデメリットの部分でふれましたが、糖質制限する場合に気になるものの一つが、お金が掛かることです。

肉や魚がメインになりますし、野菜の食べる量も増えると思います。

豚肉なら100gで100~200円ほどします。

魚もピンきりですが、近い価格になると思います。

今回ソイドルとミックス粉を購入して思ったのですが、肉や魚を買う機会が減ることです。

ソイドルでパスタを作れば、肉や魚はいりませんし、お好み焼きにしても、少しのお肉があれば十分です。

そう考えると、ミックス粉もソイドルも特別高くもないと思いますし、炭水化物を食べている感覚があって良いです。

糖質制限ではラーメンやカレー、揚げ物(衣が糖質)など食べられないものが多くなってしまいますが、この二つがあれば、ガマンせず食べられます。

カレーは糖質10g程度のルーとソイドルがあればカレーうどんとして食べられますし、ミックス粉で焼いたパンとカレーでも糖質は十分抑えられます。

あとは白米の代替ですが、こんにゃく米をつかって、糖質を低くする、というところでしょうか。



こんにゃく米公式サイト:糖質もカロリーもカット 1680円 送料無料

ご飯はもともと炭水化物の中では糖質量が多くなっています。

大まかにいうと、同じ量なら春雨やうどんの2倍ちかい糖質量です。

なのでこのようなこんにゃく米を混ぜても、それほど味が落ちるということはありません。

ご飯好きの方にはお勧めです。

初日の感想

ソイドルとミックス粉の感想はこれくらいにして、初日に昼と夜に糖質制限した感想です。

前日からの疲れがあったせいか、昼も糖質を低くしてしまったからか(カロリーも低め)、体に全然力が入らずフラフラでした。

なので今後は、当初の予定通り夜だけの制限でやっていこうと思います。

では今後も数日おきに、メニューなどをアップしていきます。

カレーうどん

カレーやハヤシライス、シチューなどはルーが小麦粉のため糖質制限では食べることが難しい料理です。

当然ご飯などにかけますので、糖質+糖質となり、糖質量が多くなってしまいます。

なのでソイドルを使って、カレーうどんのような感じにしました。

カレーとソイドル完成

付け麺風になってしまいましたが、キャベツとわかめのサラダもつけての夕食です。(ちょっと寂しいので温泉卵も後でトッピングしました。)

カレーはレトルトのマイサイズを使いましたので、ルーの糖質量は10.3gです。

ソイドルとレトルトカレー

今回の糖質量は全部で約16g、カロリーは300kcaほどです。(温泉卵・サラダ含む)

これなら糖質制限中でもカレーを食べられます。(ただ、このレトルトは味がイマイチでした。)

カロリー的にも低いですし、レトルト一人前なら糖質10g程度のものは結構あります。

カレーはたまに食べたくなりますので、今後もソイドルに助けてもらおうと思います。

数日経過後の変化は

糖質制限を始めて数日経ちましたが、体重・体脂肪ともに若干へってきています。

元々痩せれる余地があまりないので、若干でしかありませんが、効果が出てきているかもしれません。

このまま継続して効果を検証していきたいと思います。

ソイドルの肉巻き

肉が食べたい気分になったので、奮発して牛肉を買いました。

牛肉

脂が多少あっても大丈夫なのが、糖質制限の良いところです。

ただ、肉なので出来れば白米で食べたいところですが、ここはガマンしてソイドルを白米に見立てて肉巻きにしました。

肉巻きセット

ソイドルを茹でた後、軽く下味をつけ肉を巻いて焼いています。

牛肉の味が濃く、なかなかパンチのあるメニューになりました。

おかげでレタスも完食し、量も十分。

ソイドルも肉も糖質がほどんどありませんので、これ全部で糖質は5g以下、カロリーは360kcalほどです。

ソイドルと肉や魚なら、糖質がかなり少ないので、効果的な糖質制限メニューになります。

糖質制限を始めて、そろそろ一週間がたちます。

朝と昼は糖質を摂っているので体調は問題ないですが、この日の様に夜の糖質がかなり少ないときは、夕食後がちょっとキツイです。

夕食後に軽くトレーニングをしているのですが、体に力が入らない感じです。

元々脂肪が少ない分、糖新生もケトン体も作りにくいのかもしれません。

それと、脂肪を利用しやすい体になるまでは一ヶ月程度掛かるので、そういうこともあるのかもしれません。

とりあえず、体重・体脂肪は減ってきていますので、検証出来るまでもう少し継続します。

ラーメンと唐揚げ

今回はダイエットの天敵ラーメンと唐揚げです。

でも麺はソイドルで、唐揚げは揚げずに焼いて衣はミックス粉を使いますので、カロリー・糖質ともに抑えられます。

ソイドルラーメンと揚げない唐揚げ

こんな感じです。

かなりパンチが効いたメーニューです。

ラーメンソイドルを食べる

マーボーかきたまラーメンなので、卵も絡まって美味しいです。

今回はこれ全部で糖質が約10g、カロリーは400kcalです。

ただ、量が多かったので少し残しましたので、実際はもう少しカロリーと糖質は少なくなります。

唐揚げも揚げ物のなかでは糖質が低い方ですが、それでも衣のつけ方によっては一人前100gで20g位の糖質量になってしまいます。

油がOKな糖質制限でも、衣が糖質なのがネックで、ほとんどの揚げ物はNGになります。

それがミックス粉で料理すれば、揚げ物も大丈夫です。

カレーとパン

今度のメニューはカレーとパンです。

カレーはレトルトですが、大豆パンミックス粉を使って念願のパンを焼きました。

大豆パン完成

ベーカリーがないので、初めての手ごねパンに挑戦しました。

低糖質大豆ミックスパン

裏もいい感じに焼けました。

始めてでしたが見栄えはバッチリではないでしょうか。

ベーカリーがなくて、大豆ミックス粉の購入を躊躇している方がいれば、手ごねでも出来ますのでお勧めです。

手ごねパンの作り方はこちらにアップしています。

糖質オフの手ごねパンの作り方

切ったパン

これは一個半を切ったものです。全部で糖質が4.9gカロリーは210kcalです。

カレーをパンにつける

カレーと合わせても、糖質14.4g・319kcalです。

今回は低カロリーでも低糖質でもない普通のレトルトカレーですが、糖質・カロリーともに十分おさえられています。

そしてこのパンは凄く美味しいです。

ピザを作ったときも思いましたが、もしかしたら小麦粉より美味しいかもしれません。

小麦粉の代わりになるので、料理が好きな方にはとてもお勧めです。

大豆パンミックス粉

とりあえず、念願のパンは上手くいきました。

近日中にまた別メニューと糖質制限の経過をアップしたいと思います。

カルボナーラが激ウマ

パスタは結構得意なので、ソイドルでカルボナーラーを作ってみました。

カルボナーラ作り

ベーコンとニンニクと玉ねぎを炒め、麺をいれ生クリーム・卵黄・チーズを余熱で乳化しているところです。

低糖質で美味しいカルボナーラ

完成したのはこちら。

見栄えもバッチリですが、とにかくビックリするほど美味しいかったです。

とてもお勧めなので、別記事でしっかりとレシピをアップしました。

低糖質絶品カルボナーラの作り方

このカルボナーラは糖質量がわずか6gで、カロリはー412kcalです。

糖質も少なく、美味しいのでかなり気に入りました。

すいとん

大豆パンミックス粉でご飯の代替えみたいなものを考えて、すいとんを作ってみました。

若干失敗ぎみではありますが、味は良かったです。

すいとん完成

黄色いのがミックス粉で作ったすいとんです。

すいとんを食べる

生地に水を入れすぎたので緩くなってしまったのですが、美味しかったです。

しかも量が多くて満足しました。

すいとん作り2

この量で糖質は6g、カロリーは360kcalほどです。

作るのも粉に水を加えて煮るだけなので簡単です。

ソイドルのお好み焼き風

ミックス粉がありますのでお好み焼きは問題なく作れるのですが、あえてソイドルでお好み焼き(風?)を作ってみました。

ソイドルでお好み焼き

お好み焼き試食

お好み焼きとはちょっと違った感じですが、肉と卵があいまって良い感じでした。

ソイドルは卵と相性が良いので、生地を固めるために卵を使いました。

これで糖質が5gほど、カロリーは350kcalくらいです。

いよいよ結果発表!

糖質制限を始めて約3週間が経ちました。

とりあえず検証できるくらいの結果がでましたので、予定の一ヶ月より少し早いですが、終了しようと思います。

では結果です。

体重は41キロ、体脂肪は5%までいきました。

ソイドルダイエット後の体重

体脂肪糖質制限後

体脂肪は5%を切ることは出来ませんでしたが、何度計っても5%ぴったりになってしまいます。

恐らく5%以下は計ることが出来ない仕様になっているのだと思います。

ただ十分に検証できる結果になったと思います。

体重は42.5キロから41キロに、体脂肪は6.7%から5%ほどになりました。

1.5キロの減量と、1.7%の体脂肪減です。

体脂肪は何度計っても5%ばかりなのでなんともいえませんが、体重の減り方と体脂肪の減り方におかしいところもありません。

すでに痩せている状態からさらにダイエット出来ましたので、「糖質制限で痩せることが出来る」と言えると思います。

そして夕食だけの糖質制限で、夕食ではソイドルか大豆パンミックス粉を使った料理しか食べていませんので、その効果はソイドルとミックス粉によるものです。

チャレンジした感想

カレンダー

基本夜だけの制限でしたが、なかなかガス欠感があったりで、ちょっと辛い感じはありました。

量は普通に食べてカロリーもそこそこあっても、いつもよりエネルギーが足りないように感じます。

だからこそ痩せられるという訳なのでしょう。

炭水化物が食べられないのもキツイのですが、ソイドルとミックス粉に随分助けられたと思います。

もし無かったら、続けるのがキツかったことでしょう。

ソイドルはもちろんですが、ミックス粉が期待以上に良かったです。

焼いたパンやピザは、普通のものより美味しいかもしれません。

パンに似ているのですが、別の感覚で美味しいという感じです。

とりあえず無事、糖質制限ダイエット成功です。

では最後にソイドル(ミックス粉も)を使った糖質制限ダイエットをまとめてみたいと思います。

△まずはあまり良くない点です。

  • 麺つゆやカレールーなどであれば、ソイドルを簡単に食べることが出来るが、カルボナーラなどでは調理が必要
  • 糖質制限では肉や魚で食費が掛かるが、ソイドルもけして安くない
  • ソイドル限ったことではないが、糖質を制限すると力が入らないことがある
  • ミックス粉はとてもお勧めですが、料理好きな方でないと調理しにくい

◎そして良い点です。

  • 糖質制限中は炭水化物が食べられない(もしくは少量)のが辛いが、ソイドルやミックス粉があれば代替えになりストレスが少ない
  • ソイドル14食とお試し大豆パンミックス粉を合わせると6,354円で、夕食だけなら一ヶ月もつ。食費とダイエット効果を考えるとそれほど高くない
  • 糖質制限では肉や魚が中心で、味付けも糖質を考えると似たようになり飽きる。ソイドルを使うと麺類が増え、カレーなども食べられるのでメニューが増える
  • ミックス粉があれば、お好み焼きなど粉物全般も食べられ、揚げ物の衣にも使えるので、さらにメニューが増える

総評としては、ソイドルやミックス粉があれば、糖質制限中の炭水化物のガマンが少なくてすみ、食べられる料理の種類が増えます。

あとは食費と今回のダイエット効果を考えれば、ソイドルの費用対効果は、むしろ良いのかもしれません。

糖質制限のデメリットの二つが軽減しますので、ソイドルそして大豆パンミックス粉を使ったダイエットはお勧め出来ると思います。

ソイドル

公式サイト:大豆100%麺ソイドル
大豆パンミックス粉
公式サイト:大豆パンミックス粉

こちらの関連記事もお勧めです。

関連記事
低糖質大豆麺「ソイドル」実食レヴュー
低糖質「大豆パンミックス粉」レビュー
低糖質パスタ麺・ダイエット麺を徹底比較!

-ソイドル, 痩せる食べかた, 糖質制限
-


低糖質でダイエットにピッタリな麺を徹底比較!
糖質オフパスタ麺おすすめ

低糖質パスタ麺の売れ筋商品は?

ソイドルなど5社の大豆麺や低糖質パスタ麺を徹底比較。

低糖質・低カロリーでパスタはもちろんラーメン焼きそばにもピッタリなダイエット麺をご紹介。


お勧め記事一覧

ケーキ 1
ダイエット中のお菓子・甘いものはいつ食べる?おすすめ10の方法!

男女とわずですが、特に女性は甘いものが好きな方が多いでしょう。 ダイエット中は主 ...

疑問 2
ソイドルの効果 実際に糖質制限ダイエットにチャレンジした結果と感想!

ブームが落ち着いた感がありますが、むしろダイエットの本命になりつつあるように感じ ...

カツカレー 3
糖質制限ダイエットの基本ルール 注意は隠れ糖質!

ダイエットといえば食事のカロリーを低くする「カロリー制限」が主流でしたが、これか ...

パン 4
炭水化物のカロリーと糖質量 ご飯や麺類パン低糖質でダイエット向きなのは?

糖質制限ダイエットはもちろん、カロリー制限でもなるべく控えたいのが、ご飯などの炭 ...

歯車 5
脂や油(脂質)が太る理由とは?

ダイエットといえばカロリー制限ですが、その際真っ先にやるべきことはカロリーの高い ...